TOP

Alcantara | The Automotive Ecosystem On the Global Road To Sustainability The Asian Perspective

アルカンターラは、ヴェニス国際大学(VIU)と共に、及びCenter for Automotive and Mobility Innovation (CAMI)のサポートを得て、第2回「持続可能性へのグローバルな歩みに於けるオートモーティブ・エコシステム - アジアの視点」と題した国際シンポジウムを企画・推進しました。 2014年の前置きを基に、今年のシンポジウムはメーカーと市間に成り立つグローバルな関係に於けるサステナビリティをテーマにしています。


2014年の前置きを基に、今年のシンポジウムはメーカーと市間に成り立つグローバルな関係に於けるサステナビリティをテーマにしています。 このシンポジウムは、自動車業界をその根源から揺るがした事情を考慮しつつ、プレゼンテーション、基調演説やパネルディスカッションによって、サステナビリティに於けるビジョンの構成、将来的に実行しなくてはならない行動の予測、将来的な傾向直面することに貢献しました。 学会、工業会やNGOの専門家たちは、アジア、ヨーロッパ、及びアメリカに於ける規定に一貫性を持たせる必要性を強調しました。

グイード・パラッツォ教授 (Guido Palazzo) - HEC Lausanne、University of Lausanne、戦略、グローバル化及び社会学科(スイス)、大聖 康弘教授 - 早稲田大学 理工学術院 (日本)、イェ・フ教授(Ye Wu) - 環境科学、清華大学 (中国)、井之上 喬 氏 - 井之上パブリックリレーションズ代表取締役社長、京都大学(日本)、ヨセフ・サルキス教授 (Joseph Sarkis) - マネジメント教授、学部長、ウースター・ポリテクニック・インスティテュート(アメリカ合衆国)、ファブリツィオ・フェッラーロ教授(Fabrizio Ferraro) - 戦略マネジメント教授、IESEビジネススクール(スペイン)、バス・ヴァープランケン教授(Bas Verplanken) - 社会心理教授、バース大学(イギリス)、ウルスラ・マサ-ル( Ursula Mathar) - サステナビリティ及び環境保護担当、BMWグループ(ドイツ)、内海アツ子 - プロジェクト・ジェネナルマネージャー、戦略課、北京支店、トヨタ自動車(中国)、田中義和氏トヨタMIRAIトヨタフューエルセルシステムのチーフエンジニア、ワンダ・ローパッチ(Wanda Lopuch ) - グリーバル・ソーシングカウンシル理事会会長(アメリカ合衆国)、マルコ・ランベルティーニ(Marco Lambertini) - WWFインターナショナル事務局長、マルコ・フレイ教授(Marco Frey) - グローバル・コンパクト・ネットワーク・イタリア会長

挨拶と閉会の言葉は、ヴェニス国際大学の学長Umberto Vattani(ウンベルト・ワッターニ)氏によって行われました。 

アルカンターラは、2009年以降、サステナビリティ・レポート を毎年作成し、それは国際認証機関テュフズード(TÜV SÜD)の厳しい審査と認証を受けます。