TOP

カーボン・ニュートラル

カーボン・ニュートラルであるということは、二酸化炭素排出量がゼロであるということを意味します。このプロジェクトに最も早く取り組んだヨーロッパの企業の一社としてアルカンターラは、この高いハードルを2009年に達成し、国際的にも評価の高い国際認証機関テュフズードより「カーボン・ニュートラル」の認証を取得しました。

当時のレポートの内容は、有名な基準法「揺りかごからゲートまで」をベースに、製造工程全てを対象としていました。従って、「カーボン・ニュートラル」は、アルカンターラの製造工程全て 原料からお客様への配送まで に於いて二酸化炭素の排出量がゼロとなることを認証していました。 年には、「揺りかごから墓場まで」の基準に則り、製品のライフサイクルをも環境に対するこの取り組みの対象に付け加えました。< 従って、 年以降、アルカンターラは、製造工程のみだけでなく、製品自体の使用と使用後の廃棄、全社販売活動全てに亘る二酸化炭素排出量を対象として、カーボン・ニュートラルとなります。

当社全体に膨大な努力を要したカーボン・ニュートラルという目標は、以下の複数の活動を組み合わせることによって達成されました。
•[1]二酸化炭素の総排出量の緻密な測定;
•[1]二酸化炭素排出量の徹底的な削減;
使用されている機器の近代化、プロセスの合理化、技術装備の改良、エネルギーの供給や排水処理などの対策により、アルカンターラは二酸化炭素排出量を49%も削減することができました。
•[1]国連が推奨するプロジェクトに支援することにより、残りの二酸化炭素排出量をオフセット。

自らのカーボンフットプリントの削減への取り組みを完成すべく、 年以降、私たちの地球の経済・社会・環境の改善を図る国連主導の国際プロジェクトを支援することにより、アルカンターラはゼロにできない二酸化炭素の排出量をオフセットしています 以下の地図参照 このようなプロジェクトをサポートすることで、アルカンターラは排出される残りの二酸化炭素をオフセットし、よって排出量ゼロを達成します。 サステナビリティ関連の活動全てがそうであるように、このプロジェクトも毎年テュフズード によって認証されています。

Timeline

チリの水力発電所

台湾のウィンドファーム

ガーナの効率的な料理システム管理プロジェクト

ケニア、飲料水製造設備設立

ベトナム、水力発電所設立

中国、バイオマス発電所設立

中国、水力発電所設立

タイ、バイオマス発電所設立

ブラジル、バイオマス発電所設立

トルコ、風力発電所設立

台湾、水力発電所設立

インドネシア、地熱発電所設立

ホンデュラス、水力発電所設立

ニュージーランド、風力発電所設立

インド、水力発電所設立