GENTUCCA BINI

詳しく見る

BIO

GENTUCCA BINI

1973年に生まれた彼女は、クチュリエの祖母、Bruna Biniのもと、芸術とファッションを呼吸しながら育ちました。の隣で、呼吸芸術とファッションを育ちました。 ミラノとパリで建築を学んだあと、パリではPierre Cardin のアトリエで働き、ファッションエディターAndrée Leon Talleyのアシスタントを務めました。 パリデはKarl Lagerfeldとも出会い、defilées Chanel Haute Coutureのための帽子づくりを担当し、コラボレーションを始めました。 ブランド「Romeo Gigli」のクリエイティブディレクターも務めた彼女は、現在自身のブランドを率いています。彼女のハイファッション作品は、パリやローマのファッションショーで発表されています。 注)バイオグラフィーは右の柱に挿入。ダウンロードではなくウェブサイトのテキストとして表示すること。

Gentucca Biniは、極めて高解像度の印刷を活用し、マテリアル上で忠実に建築素材を再現し、軽やかで柔らかい手触りが特徴のアルカンターラ建築要素を作成しました。 革新性に満ちたクリエイティビティで大活躍する柔軟な素材、アルカンターラの著しい汎用性を示唆する挑戦的な解釈です。

LOCAL ICONS - GREETINGS FROM ROME

ローマのMAXXI美術館とアルカンターラのコラボレーションから生まれた「Local Icons.Greetings from Rome」は、2015年3月27日から6月7日まで開催された展示で、いくつかの象徴的オブジェクトの創造的な再解釈による永遠の都への比喩的な旅を表現しました。 その中でも、Gentucca Bini作の「Saluti da Roma(ローマからのあいさつ)」が傑出していました。記憶はローマ、現代性はMAXXI、前衛的な表現手段がアルカンターラであらわされた作品で、ローマでは特によくつかわれる「Aò、Tié、Vaf、Ave」を模したイタリアならではのジェスチャーをかたどった手袋からなっています。古代ローマの大理石像を思わせるテーマを、紛れもないテクスチャーをアルカンターラに印刷することで作り上げました。

alcantara-local-icons-museo-maxxi-gentucca-bini-2 -

オーロラミュージアム/「Unordinary Space(非日常空間)」

アルカンターラは、2016年11月から2月まで、上海のオーロラミュージアムの主役を務めました。このすばらしい展示スペース用に設計された特設インスタレーションに使用されたのです。 この展覧会は、上海スカイラインのランドマークであるオーロラビルと、安藤忠雄設計の隣接する博物館インフラとのつながりや関連性を、建築環境と比喩的な環境の観点から考えたものがテーマになっています。 Gentucca Biniの作品「Arora Mueum(訳者注:まま)」は、ミラノ万博開催期間中にパラッツォ・レアーレで開催された「Alcantara Technology of Dream」展のために設計されたコンセプトの理想的なフォローアップとなっています。 非日常的な空間として、アーティストは独特のバロック様式が美しいシャンデリアホールを変身させ、訪れる人々に万華鏡のような魅力をちりばめる現代的な部屋のエクスペリエンスを提供します。 建築的要素の硬さには、複雑なフォトグラフィックプリント工程を経て、シャンデリアホールの建築の中に実在する大理石、ガラス、光のエレメントそのものでできたかのように仕上げられた、アルカンターラ®マテリアルの柔らかさを対比させ、調和を図りました。

alcantara-arora-mueum-aurora-museum-shanghai-gentucca-bini -

"SUL-REALE" - ALCANTARA, TECHNOLOGY OF DREAMS

ミラノ万博が開催された2015年、パラッツォ・レアーレ内の麗しいプリンスのアパルトマンの部屋の数々を舞台に、「Alcantara, Technology of Dreams」が開催されました。現実と夢、具体と創造の境界を超える正体を表現した展示です。 歴史深い豊かな装飾をヒントに、Gentucca Biniの「Sul-reale」が生まれました。 高名なファッションデザイナー兼デザイナーは、空間を細かく分け、アルカンターラのプリントによる写実描写の能力を強調する視覚的錯覚を作り出しています。

alcantara-sul-reale-palazzo-reale-gentucca-bini-2 -

Alcantara® Magic HOTEL

200平方メートル以上のソフトなアルカンターラ®で、コルソ・コモにある有名な歩行者天国の改装中の建物の足場をカバーし、実際にあるホテルのファサードを再現しました。夜間には、豊かで魅力的な3dマッピングを投影します。 Gentucca Biniの創造的で多面的な知性が、今までにないアウトドアコミュニケーションを実現した超大型の技術的装置を生み出しました。ウルトラHDのフォトグラフィックプリント手法により、マテリアルがもつ汎用性と独自性のすべてが際立っています。 「アルカンターラが私にこのような大きな規模の大役を任せてくれたことをとてもうれしく思います。 初めてコラボレーションした時から、発見した特徴を実験的に取り入れようと思っていました。この素晴らしいマテリアルから私が得た感銘を、新しい共同プロジェクトにアレンジして取り入れているんです。アルカンターラ®の特徴をふんだんに生かした印刷のフォトグラフィックレンダリングを使うと、二次元のエレメントを立体的で魔法にあふれた世界に映すことができるんです! このため、私はこの大型インスタレーションを「Alcantara® Magic HOTEL」と名付けました。それは、アルカンターラ®とその世界は本当に魔法にあふれているからで、私たちが進めているコラボレーションはデザインの発展のためにも貴重なものであり、魔法のようだからなのです。」

alcantara-magic-hotel-milano-gentucca-bini -

私は王を見た

Gentucca Biniの「Skinned」展が開催されます。見てはならないものを暴露する、苦悩、ゆがみを作る間違い、望まない開示に関する作品が集められています。 この場合では、装飾の下にある、鉄筋コンクリート製の架空の壁の層を示しています。

alcantara-ho-visto-un-re-palazzo-reale-gentucca-bini-2 -

Alcantara本社に個性を与えるGentucca Biniの挑戦的なプロジェクト

ミラノのVia MecenateにあるAlcantara本社をカスタマイズした、Gentucca Bini作のプロジェクトは、立体的なマテリアル感が特徴です。 本社レセプションでは、すべての時代において偉大な彫刻家や建築家が対峙した古えの歴史をたたえる素材、カラーラの白大理石の優美な脈を写し取ったトータルルックが訪問者の注意を捉え、包み込みます。 装飾は壁面、コンシェルジュデスク、優雅なアームチェア2脚を覆い、本物のカラーラ産大理石で仕上げた床に溶け込んでいます。 場所を同じくして、「Local Icons. Greetings from Rome」プロジェクトのためにGentucca Biniが考案した彫刻作品が設置されています。この作品は2015年ローマのMAXXI博物館で発表されたもので、周囲の純白の中から、ネロマルキーナ大理石で覆われ、炎のように赤いディテールが浮き出しつつ、ローマの定番ジェスチャーを再現しています。 すべて、アルカンターラを使用しています。 一方、会社のエントランスホールは、セメントグレーの特殊仕上げでカバリングされており、いまだかつてない驚きをたたえたインダストリアルイメージを誇示しています。 壁や天井に使用されたこの素材は、従業員たちや時折訪れる訪問者を冷静かつ厳格な魅力で迎え、時代に沿ったAlcantaraの文化的、素材的、現代的な宇宙を紹介しているのです。

alcantara-headquarters-gentucca-bini -
We Chat Close