第 13 回光州ビエンナーレ (2021 年 4 月 1 日 ~ 5 月 9 日)
Alcantara、「The Procession: Through the Gates」に参加
アート、デザイン、クリエイティビティ (ADC)

第 13 回光州ビエンナーレ (2021 年 4 月 1 日 ~ 5 月 9 日)
ALCANTARA、「THE PROCESSION: THROUGH THE GATES」に参加

GwangjuApril 2021

ALCANTARA_13 GWANGJU BIENNALE_8_ COVER - 13th Gwangju Biennale

Alcantara は、韓国の光州で開催される第 13 回光州ビエンナーレ「Minds Rising, Spirits Tuning」の開幕記念パレード「The Procession: Through the Gates」に参加します。

 

Defne Ayas (デフネ・アヤス)とNatasha Ginwala(ナターシャ・ジンワラ)が芸術監督を務める第13回光州ビエンナーレ「Minds Rising, Spirits Tuning」は、芸術的かつ理論的な手法を通じて精神を解放し、多様性を探求することをテーマとしています。今回のビエンナーレは 4 会場で開催され、69 人のアーティストが参加します。「The Procession: Through the Gates」は展示作品をつなぐ糸のような役割を果たします。オンライン出版プラットフォームの「Minds Rising」、「Stronger than Bone」などの 3 つのパブリケーション、一連のオンラインプログラム (Rising to the Surface: Practicing Solidarity FuturesAugmented Minds and the Incomputable) には、アーティスト、学者、システム思考家が参加します。

 

Minds Rising, Spirits Tuning」では幅広い領域を掘り下げていきます。認知資本主義、アルゴリズムによる暴力、惑星的帝国主義の広がりに対して、多様な知性と価値観を容認する共同体の生存モードを探求していきます。

 

The Procession: Through the Gates」は単なるパレードではなく、レジリエンスとレジスタンスの境界を探り、生と死の概念を逆転させることで、文字通りビエンナーレを開始するエネルギッシュな要素として機能する有機的なセレモニーです。Davide Quadrioダビド・クァドリオ)がキュレーターを務めたこのプロジェクトには、Angelo Plessasアンジェロ・プレッサス)とSangdon Kimサンドン・キム)の 2 人を中心とする優れた才能が参加しています。これらのアーティストはユニークな素材である Alcantara からインスピレーションを得て、さまざまな傾斜を分析することで素材の革新的な使用方法を見つけました。これによって生まれたサイトスペシフィックな作品が「The Procession: Through the Gates」の中核となっています。この素晴らしいパレードを構成するアートワークとライブセッションの複合体は創造的なエネルギーを持ち、第 13 回ビエンナーレのダイナミックリーディングモデルともいえます。ライブパフォーマンスは作品を覚醒させるだけではなく、イベントのすべての参加者を包み込む一体感を生み、不思議な感覚をもたらします。ステップごとに驚きを感じ、魅惑的な時空の次元に吸い込まれ、変化する世界と驚くべき美しさを前に経験のない感覚を感じます。

このインスピレーションは、伝統的な韓国の太鼓、ダンス、儀式、演劇、娯楽がダイナミックに融合するノリの儀式から得ています。古代韓国の農業の伝統に根ざしたノリの太鼓と動きは、すべての人の心を癒し、祝福と平和をもたらす力があると信じられています。色彩豊かな衣装、儀式用の帽子、スカーフ、小道具は観客を引き込む視覚的な効果を生み出しています。また、このプロジェクトの背景には、明城皇后(18世紀)の葬列のイメージも強く表れています。

 

ビエンナーレホールの入口に儀式場が設けられ、サンドン・キムが作成した可動式の設備が 3 つ配置されています。これは祭壇、神社、精霊の器を表す行進のメイン要素として使用されます。

展示場 1 の中央で Netflix のプログラム「Chef Table」で有名な仏教尼のJeong Kwanチョン・クワン)が経典を読み、展覧会が始まります。

シャーマンとして選ばれたダンサーが、Angelo Plessas(アンジェロ・プレッサス)が Alcantara®でデザインした黄金の伝統衣装を身にまとい、行列を先導します。その後ろを、同じ素材の衣装を着たセシリア・ベンゴレアの子供たちが他の参加者やアーティスト、パフォーマーと一緒に行進します。

ALCANTARA_13 GWANGJU BIENNALE_9 - Minds Rising, Spirits Tuning Gwangju Biennale

プレッサスはホール 4 の展示作品もデザインしています。このホールは離れた場所にあり、その場所に行進が到達すると、プレッサスが Alcantara で作られた小道具や衣装の要素を変換する儀式を行います。これは、心と機械が密接に結びついているネットワーク社会から身を守り、休息、集団性、精神的な浄化をもたらす護符のようにも見えます。

「The Procession: Through the Gates」の振り付けは ∞OS (EightOS) が監修しました。Dmitry Paranyushkin(ドミトリー・パラニュスキン)(パフォーマー、ビジュアルアーティスト、動画制作者、Web システムデザイナー))とKoo Dess(コー・デス)(ダンス、ミュージック、デジタルアートを手掛けるハイブリッドアーティスト) が率いる∞OS は、群知能、コンフルエンスダイナミクス、集合的なサイボーグボディを採り入れながら、観客の身の動きに合わせて、マシンロジックとライブサウンドスケープを使用して振り付けとスコアリングを行いました。

音、動き、親和力が展示会の 5 つのギャラリー全体に動的な渦を生み出し、他のアーティストが順番に演じる中を行進が進んできます。シャーマンのMarina Lin(マリーナ・リン)が演じるYin-ju Chen(チェン・インルー)のドラムセッションから、韓国のノリの伝統に合わせたSiyabonga Mthembu(シヤボンガ・ムセンブ)のコーラスとパーカッションが続き、Sámi Katarina Barruk(サミ・カタリナ・バラック)の歌で終わります。さらに、Zeitguised(ツァイトガイスド)が作成した仮想的な義手が展示内のスペクトルの力と影の存在を探索し、コーダに入ると精神と物質の代謝が収束して集結していきます。

このエネルギッシュな出来事の中で、トーテムのエネルギーを創り出すためにSangdon(サンドン)の船 (ビエンナーレの周りに配置されたダンスオブジェクトなど)が動いていきます。

第 13 回光州ビエンナーレのコアイベントである「The Procession: Through the Gates」に参加することで、Alcantara は世界の文化的組織のキュレーターやアーティストにとって欠かせない、重要なブランドであることを証明しています。2011 年から相互対話とインスピレーションを推進してきたことにより、ブランド価値に沿った作品とノウハウが有形の遺産として残されています。

「アーティストの作品や行進の制作をサポートする上で、これ以上のパートナーは考えられません。この困難な一年を通じて適切な対応と配慮をしていただいたことに感謝しています。」と芸術監督のDefne Ayas(デフネ・アヤス)とNatasha Ginwala(ナターシャ・ジンワラ)は述べています。

Alcantara は創造的なプロセスの一部であり、最も挑戦的なプロジェクトを遂行するための汎用的な素材としてだけでなく、キュレーターやアーティストとの継続的な対話においてインスピレーションの源としてもその価値を証明しています。

この挑戦的なプロジェクトを指揮したDavide Quadrio(ダビド・クァドリオ)は次のように述べています。
「挑戦を続けるアーティストにとって Alcantara は今後も真のコラボレーターとして欠かせない存在です。」

ALCANTARA_13 GWANGJU BIENNALE_7 - Minds Rising, Spirits Tuning exhibitions
ALCANTARA_13 GWANGJU BIENNALE_10 - Minds Rising, Spirits Tuning exhibitions
Alcantara と Auto&Design、「Dress your vision」コンテストを開始
アート、デザイン、クリエイティビティ (ADC)

Alcantara と Auto&Design、「Dress your vision」コンテストを開始

We Chat Close