De Coding - アラッツィの間のAlcantara
アート、デザイン、クリエイティビティ (ADC)

DE CODING - アラッツィの間のALCANTARA

ミラノ2019年4月

alcantara-de-coding-sala-degli-arazzi -

DE CODING ALCANTARA IN THE TAPESTRIES ROOM(アラッツィの間のAlcantara)展は
ミラノ市文化部(Comune Di Milano – Cultura)、
ミラノ王宮、
Alcantara S.p.Aが後援・制作するアラッツィの間のために
特別に考案された展覧会で、
2019年4月4日木曜日から5月12日日曜日まで
一般公開されています(入場無料)。
ドミティッラ・ダルディとアンジェラ・ルイが
監修する展覧会はより

alcantara-de-coding-sala-degli-arazzi-2 -
alcantara-de-coding-sala-degli-arazzi-3 -

進化した現代的創造性に向けられるAlcantaraのたゆまぬ関心を示しています。
実際、
De Codingは2015年から開催されているアートや
デザインの素材としてのAlcantara®の品質を探求する展覧会シリーズの新たな段階であり、
ミラノ王宮の空間を内容と享受モードが
特殊な展覧会の入口に変えました。
De Codingはデータ記録媒体の変化に基づく
特定の記号システムの変換を意味する解読(デコーディング)プロセスを解説します。
つづれ織りのエピソードは
Alcantaraなどの素材ベクトルを通して再表現され、
メッセージの明確性を拡大し、
様々な表現言語を使用したリサーチを可能にします。

alcantara-de-coding-sala-degli-arazzi-5 -
alcantara-de-coding-sala-degli-arazzi-6 -
alcantara-de-coding-sala-degli-arazzi-8 -

s
We Chat Close