アルカンターラ |After Chandigarh
アート、デザイン、クリエイティビティ (ADC)

アルカンターラ |AFTER CHANDIGARH

上海11月

alcantara-after-chandigarh-3 -

Aurora Museum(震旦博物館)といった高級感あふれる空間で、
アルカンターラは、
イタリア領事館が後援し、
台湾出身のアーティスト、
マイケル・リン(Michael Lin、林明弘)の手によって
創作された前代未聞のプロジェクト「AFTER CHANDIGARH (チャンディガールに続く)」を通して
中国の芸術分野にデビューしました。

alcantara-after-chandigarh-2 -
alcantara-after-chandigarh-4 -

公共の空間や絵画と建築との境界線を変化させることで有名なこのアーティストは、
アルカンターラの「絵画的」インスタレーションを設置することで、
博物館のシャンデリア・ホールに新たな概念と新たな形成を与えました。
このプロジェクトは、
インドの都市チャンディガールの都市計画と、
50年代建築家ル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレ作、
プンジャブのキャピタル・ビルディングの建設に着想を得ました。
当時のインドと現代の中国、
といった類似性は繊細だが型破りな芸術作品によって表現されています。
スケールの大きいキャンバスは、
その鮮やかな色合いや「絵画のツール」として史上初めて使用されたアルカンターラによって、
入来者に博物館の空間の新たな認識を与えます。

alcantara-after-chandigarh -
alcantara-after-chandigarh-5 -

We Chat Close