PAOLA NAVONE

詳しく見る

BIO

PAOLA NAVONE

トリノ生まれ、ミラノ育ちの彼女は、建築家、デザイナー、アートディレクター、インテリアデザイナーとして活躍中。展示会やイベントの監修も行っています。 率直でありながら、折衷的な夢見る人物。彼女の中には、何度も訪問し、理解した東洋の色やテイストへの愛と、伝統に満ちた留まることを知らない開かれた西洋のフォルムが共存しています。 1983年には大阪国際デザイン賞を受賞。2000年にはドイツの雑誌「Architektur & Wohnen」でデザイナー・オブ・ザイヤーを、2011年には2つのプロジェクトでElle Decor International Design Awardsを受賞しました。 イタリア国内、国外を問わず、世界に名だたるデザイン界のハイブランドとコラボレーションしています。

CUCCIA - ALCANTARA - MAXXI PROJECT "CAN YOU IMAGINE?"

ゆらゆらと揺れ動くシェル。
緑の毛並みがふわふわとした巣。 葉なのでしょうか?
これは安全な場所。
これはゆりかご。
これは愛の巣。
世界から離れ、包み込むもの。 守り、慈しむために。.

alcantara-can-you-imagine-cuccia-maxxi-project-paolo-navone -

静寂の砦:ALCANTARA, TECHNOLOGY OF DREAMS

ミラノ万博が開催された2015年、パラッツォ・レアーレ内の麗しいプリンスのアパルトマンの部屋の数々を舞台に、「Alcantara, Technology of Dreams」が開催されました。現実と夢、具体と創造の境界を超える正体を表現した展示です。 Paola Navoneの「静寂の砦」は、世界から隔離された集いの場所を作り出すマテリアルによる障壁で、要塞ともいえるものを作り出しています。アルカンターラの優れた吸音性能を強調した作品です。 このプロジェクトでは、グラデーションカラーで提案されたマテリアルがもつ完璧な性能が強調されており、いくつかのエレメントを飾るヴィンテージダマスクのカバリングとの対話が生み出されています。

alcantara-la-fortezza-del-silenzio-palazzo reale-paola-navone -

"LOCAL ICONS - GREETINGS FROM ROME Dolce Vita, Vino d'Italia, Frutto d’Italia, Sogni d’oro Italia(甘い生活、イタリアのワイン、イタリアの果実、イタリアよ美しき夢を)"

陽気なイタリアから決定的に触発された、おもしろいオブジェクトのファミリー。 その色合いとポップアイコンが特徴。 アルカンターラマテリアルで解釈されたイタリアのトリコロールを通じた、首都へのオマージュ。 ちょっと風変わりな方法でイタリアとその素晴らしい伝統に対するスペシャルな思いを語ります。 白、赤、緑の色合いを取り入れたスイカが、アイマスクとクッションになりました。 夏の夢、旅行や海を思わせます。. ワインボトルはテーブルランプとなり、パーフォレーション加工を施したアルカンターラのシェードが飾られています。 たっぷりとした緑がお祭りの気分や友人たちと分かち合うおいしい食事を物語ります。 寛大な、本物の地中海性が表現されています。 エキセントリックなポップオブジェクトに変身したベスパ。 全体をカバリングする白いアルカンターラによるポルカドットと、前例のないサドル解釈で3色に着色されています。 このようにして、インテリアアイテムや移動手段に楽しみや陽気さを与えることが可能になるのです。 思い出はすぐにローマの休日に向かい、昼の暖かさが残るローマの路地での散歩から、トラットリアでの休憩を思わせます。.

alcantara-local-icons-paolo-navone-lampada -

アルカンターラデザインミュージアム

2009年のミラノサローネに際し、アルカンターラは、トルトーナ通りのSuperstudio Piùを舞台に、アルカンターラ®デザインミュージアムを開催しました。 アルカンターラ®やそのバリエーションの個人的な解釈を発表するため国際的に名高い権威あるデザイナーたちが招待されました。その中で、業界屈指の会社が実現したデザインオブジェのカバリングを通じ、アルカンターラのマテリアルが持つ価値とその特性が強調づけられました。 PAOLA NAVONEがアルカンターラ®を選んだ理由 「私は実験的な取り組みが好きなんです。 新しいマテリアル、フォルムやエフェクトをたくさん取り入れています。 私は好奇心が強くて、触感に敏感なんです。 アルカンターラ®とのコラボレーションは、真の感覚的体験だということができます。 私はデザイナーとしての仕事の中で、フレンドリーな品々をデザインすることを目標としています。 購入した人が、本当に所有感を持ってほしいと思っています。ぼろぼろにしたり、色を塗ったり、ボタンを付けたり。こうすることで、たった一つのかけがえのないアイテムができるんです。 . このような使い方は、アルカンターラ®によって可能になりました。無地のカバリングが壁紙のようなプリント時になったり、極めて丈夫なパーフォレーション加工を施したパーツになることができるんです。

alcantara-design-museum-salone-del-mobile-paolo-navone-2 -
We Chat Close