サステナビリティ

— 環境への配慮。研究への情熱的な取り組み。将来への投資。Alcantaraにとって、サステナビリティとは副産物ではなく、主要なニーズなのです。

詳しく見る

Alcantaraでは、サステナビリティに対するきわめて強いコミットメントを展開しています。実質的に、同社ではこの数年の間、社会的、経済的、環境的バランスの尊重と保証に焦点を当てた開発と収益性の論理を追求してきました。当然のことながら、当社は毎年、グローバル投資の50%以上をサステナビリティに関連する活動やイニシアチブに割り当てています。企業構造全体と関わり合うことで、時がたつにつれサステナビリティが真の指針となり、真に共有された社内文化となっています。企業ミッション「毎日を素晴らしい日々に」の定義における重要性が確認されているのです。

Alcantaraにとって、サステナビリティとは「コストを超える価値」です。つまり、会社、従業員、ステークホルダー、そして社会にとっての価値を意味します。未来への価値観を示すのです。

Andrea Boragno

Alcantara S.p.A.チェアマン兼CEO
alcantara-sostenibilita-andrea-boragno - alcantara-sostenibilita-andrea-boragno

カーボン・ニュートラリティ

Alcantara®はカーボンニュートラルな製品で、地球温暖化への影響はありません。

alcantara-sostenibilita-alberi-carbon-neutrality-3 - alcantara-sostenibilita-alberi-carbon-neutrality-3

カーボンニュートラルであるということは、生産プロセスだけでなく、製品自体の使用と廃棄の段階も含めて、CO2排出量の正味バランスがゼロであることを意味します。Alcantaraは2009年にすでにこの野心的な目標を世界でもいち早く削減し他企業の一つです。最も厳格な国際認証機関のうちのひとつ(TÜV SÜD)から、世界でも一目置かれるカーボンニュートラリティの認証を取得しました。それからというもの、サステナビリ

ティへ恒常的にしっかりと取り組む姿勢を展開し、その成果は継続的な企業改善プロセスと多数の認証によって強調されています。Alcantaraは、企業活動および製品に起因する、すべての二酸化炭素排出量(ゆりかごから墓場まで)を測定、削減、および補填しています。現在利用できる技術では排除できない残留排出量は、国連が主催するグリーン補償プロジェクトへの参加を通じて毎年補償されます。このプロジェクトでは世界の最貧困地域における再生可能エネルギー利用の普及を目的としています。

  • FY 2019
  • FY 2018
  • FY 2017
  • FY 2016
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
FY 2019
  • アルゼンチン

    風力発電

  • エリトリア

    節水

  • 中国

    太陽光発電

  • インド

    風力発電

FY 2018
  • インド

    風力発電

  • アルゼンチン

    風力発電

  • エリトリア

    水力発電

  • 中国

    太陽光発電

  • インド

    風力発電ファーム

FY 2017
  • タイ

    バイオマス発電

  • ラオス

    水力発電

  • メキシコ

    太陽光発電

  • インド

    風力発電

  • 中国

    太陽光発電

  • 台湾

    太陽光発電

FY 2016
  • タイ

    バイオマス発電

  • ニューカレドニア

    風力発電

  • ウガンダ

    調理施設

  • 中国

    水力発電

2014
  • 中国

    水力発電

  • インド

    風力発電

  • 中国

    太陽光発電 (プラント2施設)

2013
  • 台湾

    風力発電

  • チリ

    水力発電

  • ガーナ

    調理施設

2012
  • ケニア

    飲料水生産

  • ベトナム

    水力発電

  • 中国

    バイオマス発電

2011
  • 中国

    水力発電

  • タイ

    バイオマス発電

  • ブラジル

    バイオマス発電

2010
  • トルコ

    風力発電

  • 台湾

    水力発電

  • インドネシア

    地熱発電

2009
  • ホンジュラス

    水力発電

  • ニュージーランド

    風力発電

  • インド

    水力発電

責任ある物資調達

サステナビリティに対するAlcantaraの責任は、バリューチェーン全体(ゆりかごから墓場まで)に沿って拡張されています:サプライチェーンの管理に加え、同社は長年にわたってサプライヤーの注意喚起に積極的に関与してきました。Alcantaraに供給された製品に割り当てられる温室効果ガス排出の中和を、厳格な測定、削減、および補償プロセスを通じて進めることを推奨しています。

Alcantara S.p.A.(アルカンターラ株式会社)は、2007年から自らのサプライチェーンをモニタリングし、その協力の下、サステナビリティに対する意識を向上し取り組みを促進することを目的としています。そのため、自らのサプライヤーやパートナー企業に対し、人権、労働基準、および環境と汚職防止に対する取り組みに関する普遍的な原則を尊重するよう要求しています。Alcantara S.p.A.(アルカンターラ株式会社)は、サプライヤーリスト登録時における社内手順に制定された前提条件すべてをサプライヤーがすべてクリアしていることを保証することに努め、以下の手法で自らのサプライヤーの環境パフォーマンスの改善の促進と社会的責任遂行の改善を促進することに努めます。監査:現地に向かい、特定の供給条件と認証管理システムが課す条件(品質、安全、環境、社会的責任)の順守を満たす能力があるか確認します。インセンティブ:エネルギー消費最適化プログラムの採用、使用される有害物質の削減、

排出物の削減、リサイク ルまたは回収された材料の使用、ならびに最適な廃棄物管理の採用を促進しま す。マッピング:サプライヤーが事業を展開している地理的地域/地区をマッピングします。公開された情報を点検します。コーポレート社会責任:倫理規範やコーポレート社会責任プログラムを採用しているか確認します。供給時の態度を観察します。事業委託またはサービス供給の署名契約の中で、SA8000®規格に定められた原則を順守し、割り当てられたタスクを実行する目的で、会社組織の一般的箇所を遵守する(立法政令第231/2001およびAlcantara倫理規範にのっとるもの)という条項への署名を求めます。2019年、Alcantaraは自社の環境サステナビリティモデルのなかでサプライチェーンに対する意識を高め続け、グリーン補償プロジェクトを通じてCO2排出およびその補償量の算出に関連するサプライヤーのカテゴリーの拡大を達成しました。

サステナビリティレポート

Alcantaraは、持続可能性を尊重する道のりに対する、継続する強い意志を持ち続け、第10回目のサステナビリティ・レポートを公開しました。sustainabilityreport.alcantara.comでご覧ください。環境と人々を保護するためのすべてのイニシアチブと行動を包含する透明性の高い文書となっています。

専用ミニサイトに移動

We Chat Close