TOP

2014

アルカンターラ |After Chandigarh

上海, 11月

Aurora Museum(震旦博物館)といった高級感あふれる空間で、アルカンターラは、イタリア領事館が後援し、台湾出身のアーティスト、マイケル・リン(Michael Lin、林明弘)の手によって創作された前代未聞のプロジェクト「AFTER CHANDIGARH (チャンディガールに続く)」を通して中国の芸術分野にデビューしました。公共の空間や絵画と建築との境界線を変化させることで有名なこのアーティストは、アルカンターラの「絵画的」インスタレーションを設置することで、博物館のシャンデリア・ホールに新たな概念と新たな形成を与えました。このプロジェクトは、インドの都市チャンディガールの都市計画と、50年代建築家ル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレ作、プンジャブのキャピタル・ビルディングの建設に着想を得ました。当時のインドと現代の中国、といった類似性は繊細だが型破りな芸術作品によって表現されています。スケールの大きいキャンバスは、その鮮やかな色合いや「絵画のツール」として史上初めて使用されたアルカンターラによって、入来者に博物館の空間の新たな認識を与えます。

Alcantara Lifestyle L.A.

ロサンジェルス、11月

ロサンジェルスの国際オートショー期間中、「アルカンターラ・ライフスタイル」が開催されました。この高級感あふれるイベントは、アルカンターラの多様な面や様々な分野に於いて、無限で素晴らしいクリエーションとして変化する可能性を語ることでした。この夜間のイベントは、既に神聖でなくなった大聖堂サンタ・ヴィビアーナで開催されました。このロケーションは、ロスの有名なファッション地区にあり、イベントではインダストリー業界、デザイナーや国際プレスの関係者たちは、生でアルカンターラの多彩な「心」を満喫することができました。アルカンターラのファッション面は、特に山本 耀司が「Y’s」用にデザインし創造したアルカンターラマテリアルのファッション・ショーによって強調されました。アルカンターラはその他に、自動車業界に関しては、ランボルギーニ社のHuracan LP 610-4Aventador LP 700-4によって代表され、デザイン・インテリア関係に関してはLigne Rosetの幾つかのインテリア、そしてハイテク分野では、アルカンターラマテリアルのケース付きの Leicaのカメラなどで表現されました。これらの各パートナーは、インパクトの強いインスタレーションを通しアルカンターラに付いて語りました。

アルカンターラ |持続可能性と新たなオートモーティブ・バリュー・チェーン

ベネチア、10月

アルカンターラは、ヴェニス国際大学(VIU)と科学顧問のカ・フォスカリ大学のCenter for Automotive and Mobility Innovation (CAMI)と共に、「持続可能性と新たなオートモーティブ・バリュー・チェーン」と題した国際シンポジウムを企画・推進しました。ベネチアの魅惑的なサン・セルヴォーロ島で、学会の著名人、世界的な自動車業界の専門家達、及び政府機関やNGOなどが持続可能性がグローバル的に自動車業界に影響しているか、また今後影響するかに付いて議論を展開しました。この議論の目的は、新たな展開や、カスタム・オリエンテーション、ビジネス・モデル、基準法や業界のポリシーに関する変化を定義することでした。

アルカンターラ | Life is Beautiful

パリ、10月

アルカンターラは、開催される「モンディアル・ド・ロトモビル」での「カーズ&ファッション・エキシビジョンのメイン・パートナーとして万人の認めるファッションの首都、パリを選びました。ここで「Life is Beautiful」というマニッシュ・アローラ作の素晴らしい芸術的インスタレーションを設け、同デザイナーのゴージャスでボリュームのあるスカート3着も設置します。パリ・ファッション・ウィークの中でも信頼の高いこのインド人デザイナーは、アルカンターラを通して自らの夢に生命を吹き込みました。と言うのも、自動車以外にもデザイン、ファッションとライフスタイルに特別で長続きする関係を持つこのマテリアルに新たな解釈を与えたからです。

アルカンターラ | 特別なライフスタイル

北京、4月

アルカンターラ、北京の心を奪う。自動車、ハイテク、ファッションやデザインといったアルカンターラの多彩な心は特別なスタイルとエレガンスを生み出し互いに絡み合って強烈なインパクトを与えスペクタクルを演出しました。

アルカンターラ | カレイドスコープ(万華鏡)
ミラノ・デザインウィーク

ミラノ、4月

フオーリサローネで開催されたイベント「アルカンターラ・カレイドスコープ(万華鏡)」(Alcantara Kaleidoscope)の主役は、Nendo作のインスタレーション「conic-vine」です。Superstudio Piùのスペースは、アルカンターラの多彩な表現力を発見する、マテリアルの旅の会場になりました。

アルカンターラの世界(The World of Alcantara)

東京、3月

東京の在日イタリア大使館主催の権威あるイベントにてイタリアの情熱と技術が絶賛されました。

アルカンターラ・デザイン・ナイト(Alcantara Design Night)

上海、3月

インスタレーション「スライディング・ドアーズ」(Sliding Colors )、マッシミリアーノ・アダーミ氏の「アルカンターラ・ロール」アームチェア、ハイテク関連のコーナーや、中国ブランドRicostru コレクションのファッションショー/パフォーマンスが、デザイン・上海主催のイベントの主役でした。

ジュネーブ・オートショー

ジュネーブ、3月

アルカンターラは、今回も一流の国際的パートナーによって選ばれました。ジュネーブ・オートショーに於いて、アストン・マーティンV8 Vantage N430、ランボルギーニHuracan とマックラーレン650Sの内装に今回もアルカンターラが主役となりました。